Regular Programs

DSC_0449.JPG

 インファントクラス(バンブルビー)-吸収する心の敏感期

6カ月から2歳未満のお子さまを対象としたプログラムです。

生まれてから最初の数年の間にたくさんのことばに触れる機会が多いほど、言語能力は発達します。 インファントクラスでは、愛情と思いやりに満ちた先生がお子さまの保育にあたります。 先生は、英語で、教材や実際にあるものを使った楽しい体験させることで、子どもたちの興味を惹き、たくさんのことばをインプットします。 この時期の子どもたちが獲得したがっている動きや感覚、内面の欲求を発達させることを目的としたプログラム内容となっています。

DSC_0022_edited_edited.jpg

タドラークラス(ディガビー)-秩序の敏感期

2歳のお子さまを対象としたプログラムです。

この時期は、一貫性と反復性を求める特徴があります。 また、音を再現することに自発的な興味を持つ年齢でもあります。 タドラークラスでは、先生は、子どもたちにスクールでの生活習慣を根気強く教えます。 生活習慣を知ることで、子どもは安心して行動をすることができ、先生が英語での声かけを毎日繰り返し行うことによって、生活習慣スキルとそれに伴うことばを自然に身に付けることができます。 子どもたちは、自分の世界を少しだけコントロールできた喜びを感じることでしょう。

DSC_0188.JPG

プリスクールクラス(ハニビー)-文字の敏感期

3歳のお子さまを対象としたプログラムです。 この時期に子どもは、アルファベット文字とサイトワード(目で見て単語を意味を理解する)をライティングとリーディングへの導入として学びはじめます。 今まで数語しか話せなかった子どもが、急にたくさんのことばを話しはじめるようになり、名詞、動詞などを適切な形で使って話すことができるようになります。 また、このクラスのほとんどの子どもたちは、自分たちの母国のことばも自然に話しています。 

BANNER 2.jpg

プリキンダーガーデンクラス(マイニングビー)-数の敏感期

4歳のお子さまを対象としたプログラムです。 感覚、日常生活の練習、算数のレッスンを通して、子どもたちは順序、物の大きさ、計算、数字の認識、正確さの概念を体験しながら学びます。 この時期になると、子どもの英語力は、すでに確かな基礎が形成されています。 ことばの意味を理解し、文章にすることができるようになり、また状況に応じて、英語と日本語を使い分けることができます。 

BANNER1.jpg

キンダーガーデンクラス(カーペンタービー)

-リーディングの敏感期-

 

5歳のお子さまを対象としたプログラムです。 4歳半から5歳半ごろの子どもたちは、読むことの敏感期にあり、またことばで表現することを楽しみます。 文字の音の表現や、ことばの構成に強い興味を持つのもこの時期です。 言語学習における先生の役割はとても重要で、先生の幅広い知識と個々の子どもの発達を深く理解し、教育する環境づくりを行っています。